PROGRAM

~身体を通じて思考・言語を超えた真の自己に出会う~《ソマティックインテリジェンス(身体知性)》全3回

OVERVIEW

~身体を通じて思考・言語を超えた真の自己に出会う~《ソマティックインテリジェンス(身体知性)》全3回

※本セミナーは、オンラインセミナーです。全国どこでも場所を問わずにご参加いただけます。

 

果たして現代人の身体は「変容に向かえる身体」なのでしょうか?
私たちは、「ほんとうに欲しいもの」を理解しているでしょうか?

古今東西、多くの精神修行において「心身相関」の仕組みをもとに「身体へのアプローチ」を巧みに取り入れることで、意識の変容が導かれてきました。

withコロナの時代を迎え、私たちの潜在下にあった進化への希求が、思いや感覚として顕在化してきているのを感じている人は少なくないはずです。

本講座(全3回シリーズ)では、「思考」ではなく「身体」からの視点で捉えたときに開かれる全く新しい世界観を体験&探求していきます。

期待できる効果

  1. 身体の微細な感覚の変化に気づきやすくなる
  2. 日々の体のメンテナンスが自分でできるようになる
  3. 思考による「考え」と、身体が導く「サイン」の違いに気づきやすくなる
  4. 安心感が増す/希望が持てる
  5. 問題や課題の捉え方・解決法が新しくなる
  6. 身近な人とのコミュニケーションの質が高まる

TIMETABLE

・必要なことは必要なだけ時間をとって行ないますので、おおまかな流れとご理解ください。

DAY1

  • 第一回:【自己認識】 ~身体を通じて思考・言語を超えた真の自己に出会う~

    真の自己探求は、自分が自分だと思っていた自己像を解体して行くことからはじまります。

    Somaticという概念に理解を深めながら、シンプルで本質的な「自分という感覚」に出会うことから始めてゆきましょう。

DAY2

  • 第二回:【自己受容】 ~弱さや不安に向き合う身体セルフケア~

    多様なストレスを抱える現代社会において「セルフケア」の大切さはあちこちで説かれていますが、真の「ケア」についての理解・そのアプローチの仕方にはさまざまな深さがあります。

    身体にはこれまでの人生の記憶が刻まれているので、身体にアクセスしていくということは、そこに保存されていた未完了の課題に気づき、理解を深めて行くことでもあります。

    例えば私たちは【理想の自己像】と現実のギャップを埋めようと、さまざまな努力を試みますが、本質的な成長を遂げるためには、『後戻り』をするようなネガティブな体験も味わうことが必要になるかも知れません。

    それらの「未完了のプロセス」を身体を通して完了させたとき、それが巻き込んでいた大きなエネルギーを回復させることが出来るのです。

    ・受容と変容を体験するための身体アプローチ

    ・身体の持つインテリジェンスにゆだねる

    ・本来的な呼吸を取り戻す

    ・SELFのエネルギーに触れる

DAY3

  • 第三回:【コンパッション】 〜身体を使って、利他や思いやりを育む〜

    他者との関わりの深さは、自分自身とのコミュニケーションの深さがベースとなります。

    3回の講座を通して「自己認識」と「自己受容」の新しい感覚をつかんできた上で、自分自身と深く出会うプロセスを体験しはじめた皆様は、「いのち」のレベルでは自分と他者との間に本質的な分離はないのだということを体験的に理解することができることでしょう。

    ・響き合いのメカニズム

    ・生理学的に理解する「つながり」と「心理的安全性」の実現

    ・身体を通して本質と「出会う」

    ・空間の中で、オンラインでもつながる

FACILITATOR

 ボディーワーカー

小笠原 和葉

Kazuga Ogasawara

ボディーワーカーとして臨床・研究を深めながら新しい健康観「健康3.0」を探求。

人間全体をひとつのシステムとしてとらえ、より良く生きる生きるための身体性や生理学について 個人から企業までそれぞれのニーズに合った形で幅広く教育・啓蒙を行っている。

宇宙物理学修士/東北大学大学院医学部研究生 著書「システム感情片付け術」(日貿出版社)

OUTLINE

開催日時・場所:

 

第一回:【自己認識】
~身体を通じて思考・言語を超えた真の自己に出会う~
○日時 2020年5月12日 19:00~21:30

 

第二回:【自己受容】
~弱さや不安に向き合う身体セルフケア~
○日時 2020年5月27日 19:00~21:30

 

第三回:【コンパッション】
〜身体を使って、利他や思いやりを育む〜
○日時 2020年6月12日 19:00~21:30

 

会場: オンライン

 

定員:40名

 

料金:

料金: 各回 6,000円(アーカイブ購入 各回:5,000円)
全3回受講割引価格 16,000円

お申し込み・お問い合わせ:

第一回:【自己認識】
~身体を通じて思考・言語を超えた真の自己に出会う~
○日時 2020年5月12日 19:00~21:30

第二回:【自己受容】
~弱さや不安に向き合う身体セルフケア~
○日時 2020年5月27日 19:00~21:30

第三回:【コンパッション】
〜身体を使って、利他や思いやりを育む〜
○日時 2020年6月12日 19:00~21:30

第一回:【自己認識】 ~身体を通じて思考・言語を超えた真の自己に出会う~

2020年5月12日 19:00~21:30

オンライン

第二回:【自己受容】 ~弱さや不安に向き合う身体セルフケア~

2020年5月27日 19:00~21:30

オンライン

第三回:【コンパッション】 〜身体を使って、利他や思いやりを育む〜

2020年6月12日 19:00~21:30

オンライン

RECOMMEND PROGRAM

ヴィム・ホフ・メソッド集中講座

【角氷150個のアイスバスにダイブ!?】 これが、世界のアスリートとセレブが実践するプチ超人になる健康法、ヴィムホフメソッドだ!!   「寒さに抵抗しなければ、毛細血管も開いて、血液の循環がよくなり、心臓が強くなるんだ。脳により酸素が行き渡って、思考も広がる。『運命の扉』を開くのは自分自身なんだ」 「北極圏でショートパンツ一丁にサンダルでフルマラソン」 「氷漬けになって1時間半、座り続ける」 「氷山が浮かぶアイスランドの湖で泳ぐ」 これらは、すべて還暦間近の男がやり遂げたことです。 彼の名は、ヴィム・ホフ。 世界中の人々に「ICEMAN(アイスマン)」として知られています。 呼吸法を用いたヴィムホフメソッドのトレーニングを行うことで誰もが再現可能だと言います。 実践者たちは、血行改善、心臓の強化、髪の密度を高める、肌の張りが増す、気分の高揚、免疫力アップ、自信がついた、 血圧が下がった、痩せた、……など様々な効果を口にしているとのこと。 ヴィム・ホフ・メソッドを実践した難病患者を含む登山未経験の一般人たちがなんとショートパンツ一丁で6000メートル級のキリマンジャロを登頂したことからもこのメソッドの再現性の高さがわかります。 ホフは、「ヴィムホフメソッドを体得すれば自律神経系や免疫系を改善したり、風邪にかかりにくいなど、健康的な心身をつくることも可能だ。」といいます。 最近、サウナーたちの間で言われる「ととのう」感覚。心身ともにリラックスし、多幸感に包まれているのに覚醒しているような状態になります。 そして、何よりも体得できるのは「内面の強さ」です。ヴィム・ホフ・メソッドは、呼吸法と精神コントロールで厳しい環境に打ち勝つためのもの、と言います。 さらにウィムホフメソッドのトレーニング後は、アフターパーティー。強烈な体験をし心を開いた仲間たちとの親交を深める素晴らしい機会になります。欧米ではアイスバス体験仲間のことを”ホッファー”といい、新しい文化が生まれています。 経営者、クリエイター、サウナー”ととのいたい”ひとに超絶オススメ!!これからはサウナー&ヴィムホフがブームになる!? ▼ウィムホフ伝説 2007年、オランダ人のヴィム・ホフ(58)は、エベレスト初登頂に挑んだ。だが、コートやゴーグルどころか、酸素ボンベの装備もなし。彼が身につけていたのは、パンツとサンダルだけだった。 26の世界記録を持っており、ギネスブックには、彼の「氷風呂の最長耐久記録(約2時間)」が記されている。 BBCのドキュメンタリーで、ホフは氷風呂耐久を科学的研究の一環として再現。ほとんどの人は15分で気を失い、1時間で死亡してしまう。だがホフは2時間近く涼しい顔で持ちこたえた。その間、彼の深部体温は安定したままだったと言います。常人離れした記録の数々はヨーロッパ全土、中国、ロシア、カナダ、日本のテレビ局を通して放映され、世界中の注目を集めました。 「私にとって寒さは神だ。私は寒さに耐えるのではなく、寒さを愛しているのだ。」  

BODY / PROGRAM