fbpx

Human Potential Lab 人生が変わる体験を、共に。Human Potential Lab 人生が変わる体験を、共に。

  • MIND
  • EMOTION
  • BODY
  • SPIRIT
  • LIFE

PROGRAM

ヒューマンポテンシャルラボは、人生が変わるような本質的ウェルネス体験プログラム「Human Potential Life Practice」を提供しています。Mind(思考)、 Emotion(感情)、 Body(身体)、 Spirit(精神)、 Life(暮らし) の5つのカテゴリに分かれており、人生における様々なステージや個々のニーズにあった最適なプログラムを見つけることが可能です。

MIND

インテグラル・ライフ・プラクティス 〜ティール型自己成長メソッドの決定版!〜

VUCA時代にコロナが重なり、ますます複雑化する社会やビジネスに適応するために必要なスキル。 それは、ティール的な自己成長をする力。 溢れかえる情報に惑わされるのではなく、実践を通して体験的に成長していける力です。     Human Potential Labは、予測のできないVUCA時代における「ティール型自己成長の実践講座」を11月16日より5回にわたりご提供します。 この講座は、アメリカの思想家であるケン・ウィルバーが開発した、人間の治癒と成長を効果的に実現するための統合的な方法論である、インテグラル・ライフ・プラクティス(以下、ILP)のメソッドを元に展開していきます。 ティールとは、「達成型組織」と対比で語られる新たな組織経営手法であり、2014年にフレデリック・ラルー氏によって提示されて以来、世界的な影響を与え続けている、歴史上重要な組織におけるパラダイムシフトですが、この「ティール」を最大限に活用し、本当の意味において理想的な組織運営をしているまでに、我々側の器が十分に整ってないように見受けられます。(参考:ティール組織) ティールでは、生態系に倣い、より良い組織づくりの地図を提示していますが、この理想形に近づこうと無闇に適用してもうまくはいかないでしょう。なぜなら、既存の企業組織システムには、歴史や社会の全体性に合わせて築かれたユニークな市場や事業形態が伴っており、それを無理にティールメソッドに合わせて変えることで、事業崩壊や機能不全に陥っているケースが増えています。 ティールの地図に魅せられて、現実が歪んでしまっている状態に陥らず、しっかりと地に足をつけてどのように独自の歩みを進められるのか? 組織論を語るだけでなく、そこに生きる人たちが、自己の内面を掘り下げて課題を見極める。それらを組織に還元していく、という両方向からのアプローチが必要となります。   「組織の成長は、個人の成長なしには始まらない。」 組織の改善に取り組むと同時に、もう一つの、個人のケアという柱に向き合うことは、実は近道になり得るのです。ILPは、組織に有益な貢献をするために、個人のケアをするガイドの役割を果たします。   「上に行こうとするなら、下に戻りなさい。」 ティール組織に学び、短期的な即効性を求めると、焦って成長しようという錯覚の罠に陥ります。 「発達というのは高層ビルを建てるようなもの」 基礎工事をして、良い建築素材を使いながら、ゆっくりと積み上げていくことが大切です。基盤がゆるいとビル自体が崩壊してしまいます。また、高さばかりに注目すると、倒れやすい脆いビルになってしまうので、ある程度の面積を取る必要があります。 「発達は、ゆっくりである。」 基礎工事をやり直し、準備を整え、期が熟したときに成長させる。焦ってやっても上には行けないという自然の摂理を理解することが大切です。 この講義では、戻ることの大切さと、裾野を広げる(body, mind, spirit, shadowという複数の領域に挑むことで、面積を広げてバランス感を持って上に向かうことができます)の大切さを実感していただきます。   治癒の大切さ ILPの目的は、人間の治癒と成長を促すことです。 その「治癒」の指し示すところについて見ていきましょう。 ティール組織やILPのスパイラル構造をベースに見ると、我々現代人のほとんどは、合理化を目指すオレンジ段階です。しかし今、個人や組織が、グリーンやターコイズなどの高慣習的な方向へ向かっています。 しかし、その歩みを始めていこうとするときに求められるのは、癒しです。私たち現代人は、アンバーやオレンジといった世界観において、一定の”正”に近づくために調教されて生きてきました。自分がその中で、本当は傷ついてきたことを自覚し、癒すことができないと、次に行く準備ができないということです。 成長を語る前に、もしくは成長と同時並行で、どのように自分を癒し、壊れているところに光を当てるか、調教された体や心をどうほぐしていくか、が大切な取り組みになります。声なき声に市民権を与えて、自分自身の存在と仲良しになることが必要。それが自分の癒しになる。「大丈夫です。」と言う人に限って、自分を鎧で固めて、聞こえなくなっている可能性があります。本当は繊細な部分に再び感受性を与えてあげる。そういったケアすることが、成長に向かう前の準備運動として必須です。つまり、今までの痛みも受け入れながら、死と再生を繰り返すことが、より大きなより大きな責任と自由を満喫する道に繋がります。   VUCA時代に生きる私たちにとっての航海図 昨今の企業の経営会議では、顧客への貢献以外に、コミュニティ、社会、自然を視野に入れながらの議論が企業の経営会議で真摯に行われています。 ユーザーやクライアントだけでなく、その人たちを取り巻く、家族や同僚、クライアントが生きているコミュニティなど考慮しなければならないステイクホルダーは増えているのです。 そういった意識を持っていながら、起業家として実務者としてものを考える時代が来ています。 当然ながら、日々の仕事や生活を営むときに我々が考慮しなければならない世界の広さや複雑性は高まっています。これらを理解しているビジネスパーソンは、本を読めばこの複雑性に対処できるわけではないことも肌感覚でわかっているはずです。 内的な成長を置き去りにして進むことは難しいのです。 今の世界の中で自分が所属する組織、コミュニティなどの役割を通じて複雑性を考慮しながらサービスを構築していくことが問われています。 逆に言うと、内的成長を置き去りにしながらサービスを作ることはできない時代に差し掛かっています。 本講座は、人間成長の理論に率先的に取り組んでいる人たちのみでなく、複雑性の増す社会の中で、どう取り組んでいくかを考えていく人たちにもお勧めです。  

組織が変わるために、自分が変わる旅に出よう【JoT Online】

コロナ禍、急激な環境の変化や組織の非連続な変化や成長に対して、今までの方法論や今までの自分のあり方では太刀打ちできないことが増えてきているのではないでしょうか。 そんな中で、ヒューマンポテンシャルラボは、自己の内的成長、内的イノベーションにフォーカスをあてます。 弊社の幅広い専門家ネットワークから蓄積された、独自の変容プログラムの方法論は、脳科学・心理学・感情知性・身体知性・古代叡智、最先端のウェルネス、マインドフルネスに関する科学的研究、デジタルウェルネス、トランステックなどの最先端テクノロジーと体験的なウィズダムの統合を意図した自己変革&社会変革プログラムです。 本プログラムでは、自分でも知らなかった未知なるポテンシャルに気づき、自分自身の変化が重なり、人生が変わるような体験となることを意図しています。 本プログラムによって得られる内的変容によって、感情的・精神的ウェルネスが高まり、職場における持続的なパフォーマンス向上はもちろん、家族関係やパートナーシップなどあらゆる人間関係の改善にも大きく影響します。 自身の成長過程において、今、大きな変化とチャレンジを成し遂げたいと思っている方へ。今まで慣れ親しんできたコンフォートゾーンを超え、内的ブレイクスルーを遂げる旅をご一緒しませんか。 本プログラムは、自分が変わり、組織が変わり、社会が変わり、世界が変わることを願っている全てのイノベーターにお届けしています。 キーワード #ウェルビーイング、#ウェルネス、#トランステック、#心理的安全性、#EQ/EI、#自己認識、#自己受容、#マインドフルネス、#ポジティブ心理学、#成人発達理論、#メンタルモデル、#ティール組織 、#セルフマネジメント、#自己組織化組織、#U理論、#脳科学、#身体性、#意識変容  

EMOTION

シャーマンスキル講座 〜先住民の叡智から学ぶ新時代のニューリテラシー〜

withコロナ/afterコロナ時代を向え、私たちは、生き方、働き方、人との関係性、ものの見方を根本的に見直すことを迫られています。 本講座は、古代から先住民たちに受け継がれてきた普遍的なメタスキルを、心理学、カウンセリング、科学的なバックグランドを元に再構築し、「シャーマンスキル」として新時代を生きる私たちの意識と現実のバージョンアップを実現するための理論と実践方法を伝授いたします。 シャーマンスキルとは? 古代からの叡智を受け継ぐシャーマンとは、コミュニティにおいて人の成長や変容を手助けする人のことです。そしてシャーマンは、ロジックや言語など、思考の限界というものをよく知っていていました。 言語で伝わることは、本質の7%しか示しておらず、私たちは残りの93%を扱うことをほとんど意識していませんが、人の根本的な成長や変容をもたらすのは、非言語の領域を含む「感情」「感覚」「身体知」にあります。 AI時代、これまでのビジネスや日常で重視されて来た、論理的思考や未来予測などは、圧倒的に人間を凌駕するAIに置き換わります。 これからの時代で大切なのは、まさに人間にしかできない、言語では現せられない、言葉になる以前の人の内面、感情、感覚、身体知性に気づき、それを扱うスキルになります。 デザイン思考、アート思考の次は、シャーマン思考へ。 シャーマンスキルは、新時代におけるニュースタンダードの一つなると考えています。

NVC×Tech「コネクション・プラクティス for Biz」 基礎コース

「コネクション・プラクティス」とは、 ①心理学の分野から多くの人々を救い続けている革命的な対話の手法『NVC(ノン・ヴァイオレント・コミュニケーション)』による共感的なコミュニケーションのエッセンス ②心臓の潜在力を科学的に研究・発表しているアメリカ政府公認の研究機関「ハートマス研究所」が開発した『クイックコヒーランステクニック』(呼吸と意識の誘導で、脳と心臓の振動リズムをすばやく同期させるテクニック)   これらのパワフルな2つのスキルを一体化させた相乗効果で、感性・直観力・洞察力などを司る右脳や、知性・理性・社会性などを司る左脳とともに、あらゆる臓器の“総合プロデューサー”とも言える「心臓」のチカラを目覚めさせ、各人の生まれ持ったポテンシャルを開花させてゆく、日本ではまだ知る人の少ないスキルです。   共感と洞察を組み合わせたパワフルな相乗効果は、5歳児から90歳を超える方々にまで確かな効果をもたらしており、プラクティスを重ねるほどに、ネガティヴな思考サイクルに陥ることなく本来の自分の望みに沿った言動が導き出されるようになるため、体験者から数多くの驚くべき変化の報告が寄せられています。   ※体験談の詳細は、 『完全につながる』(コネプラ創始者・リタマリージョンソン著) 『地球とハートでつながる』(日本にコネプラを伝えた夫妻・きくちゆみ&森田玄著)』をご参照ください。  

BODY

ガット・ウィズダム 〜肚 (はら) の叡智をつかって、失われた直感と洞察を取り戻す〜

【全3回シリーズ】※アーカイブ動画購入も可能 日本人にとって大切なものとは何でしょうか。それは「肚(はら)」です。 【日本人のアイデンティティ】 昔の日本人は、「汝は何処に居るか?」と尋ねられたなら、「肚(はら)」を指したものです。肚は生命の源であり、自己の中心であり、在り方と深い関わりがある場所であり、野性を呼び覚ます場所であり、力強さの源泉であり、自我の思考を超えた直感や洞察を生み出す場所と言えるのです。 特に、現在のような先の見えない困難な時代を生き抜くためには、自己一致した状態、「本物」になる必要があります。自分自身で在ることです。社会的な地位、役職などの自我レベルのアイデンティティーだけではなく、実存レベルでの自己の在り方が問われるようになるので、そのためには、外界からの刺激を遮断し、腰を据え、肚を据え、肚に意識を向けるのです。肚と繋がることができれば、心の故郷に還ってきた感覚が訪れることでしょう。そして、自分の奥底で何を望んでいるか、何を大切に感じているかが、肚の奥底から湧き上がってくることでしょう。 頭での考えは、現実原則に則ります。その時々の状況に対して何が相応しいかを考えるのは、自我の役割です。それも現実に適応していくためには必要不可欠ですが、肚の奥底から湧き上がってくる、自分の命、魂が震撼するような力強さをともなった直感や洞察がなければ、ブレやすく、根無し草になりやすいのです。 自分の命、自分の人生を歩むためには、どっしり腰を据えて、肚とつながる必要があります。 現代社会では、多くの情報を見聞きし、流れも速く、日々、やることに追われています。それに対応するために、頭をフル回転させています。このセミナー期間中は、頭を少し休めて、肚に意識を向けてみませんか? 【背景】 私たちは、明治維新以降、西洋に追いつき追い越せと、富国強兵、文明開化という形で西洋文明を必死に取り入れてきました。そのなかで、論理的思考や科学的な客観的視点という「近代的自我」をも取り入れてきたのです。「お国のため」、「家のため」という封建的な社会が崩壊し、おかげで私たちは、個人としての自由と可能性を手に入れることができました。個人が尊重され、平等に扱われ、自分の意志に従って自由に生きることができる権利が、憲法によって守られている現代社会は、歴史を振り返ってみるとなんと恵まれていることでしょう。「近代的自我」そのものは、意識に光を当てていく人間の進化にとって必要なものでした。 しかしながら、「近代的自我」をあまりにも早急に取り入れようとした結果、元来、日本人にとって大切なものまでをも、「科学的でない」ということで、徐々に排除してきたように思うのです。その大切なものが全て失われた訳ではなく、現代に生きる私たちの中にも脈々と流れていることも、人々の立ち居振る舞いを観ていて感じますが、それと同時に、多くの人が根無し草になっているようにも見えます。 前近代的な時代に戻ろうと言っているのではありません。日本人にとっての大切なものに意識を向け、取り戻していくことにより、初めて、日本人としての在り方と、西洋からの「近代的自我」を統合することができると思うのです。   【本講座の特徴】 世界心理療法協議会、公認心理療法家世界心理療法協議会などの会員で、心理療法家として経営者からアーティストまで様々な心理療法の臨床の専門家として活躍され、心理療法の専門家として知られる贄川先生は、海外経験が長かったため、ある時から、日本人のアイデンティティを模索し始めました。現在は、新潟県の豪雪地帯に住み、農的暮らしの実践の中から、大地と繋がり、肚を据えて生活されています。かつてはプロドラマーとして活躍されていた経験から、リズムを通じて肚とつながることを深く身体で知覚されています。そんな贄川先生の講座では、頭で得る知識のみでなく、身体を使って感じる、つながる、学ぶことを通じて、身体に眠っている洞察を見出すことができるようになります。

ガット・ライフ 〜肚(ハラ)中心の生活を送るために、肚を育む実践プログラム〜

ガットライフ − それは、肚に意識を向け、肚を中心とした生活を営むこと。 自己の命が望む人生を歩むために、肚(ハラ)とつながるプラクティスです。   「肚は善悪を超えている。」と、贄川さんは言います。 頭は分別をする。常に分別で判断しています。 「肚には、善悪や二元的なことを超えて全てを受け止めるだけの器がある。いい悪いを抜きにして、まず事実を受け止める。」 それが、『肚が座っている』という表現の意味するところかもしれません。肚が座っていると、急に感情的にならずに、一度肚に収めて、より深いところでの決断をできることも可能となります 肚の可能性に気づき、肚とつながることで、自己の命が本当に望む方向へ導かれやすくなります。 詳しくは、贄川さんからのビデオメッセージをご覧ください。   映像の中でもお伝えしておりますが、肚を中心とした生活を実現するためには、習慣化することが大切です。 これまで3回にわたってご提供してきた『ガットウィズダム』では、肚に気づき、肚を育み、肚の叡智に耳を傾ける、ということで講義とエクササイズから成るプログラムをご提供しました。体を通して体験することで、自分自身の捉え方や日常生活での気づきがあったと思います。 今回の5回にわたる『ガットライフ』では、理論的背景と共に、活性化するためのエクササイズを提供いたします。 『ガットウィズダム』ではカバーしきれなかった、より深い部分を探求していきます。但し、『ガットウィズダム』では、本質的なことをお伝えしていますので、『ガットウィズダム』を通じて、基本的な部分から理解することが可能となります。 講師の贄川治樹さんは、身体心理療法(ボディサイコセラピー)であり、セロトニン道場(脳内の伝達物質であるセロトニンを、自分の力で活性化するための道場)や、母子関係の研究、さらには元ドラマーの経験を活かしたリズムセラピー(音楽的要素だけではないコミュニケーション力を培う)を提供しながら、ご自身は新潟の豪雪地帯に住み、農作業を行いながら、肚の叡智を体感しておられます。 そんな贄川さんのリアルな体験を源泉とした講義と実践を受けることで、これまでとは異なる気づきや可能性がもたらされることと思います。講義は2週間に1回の頻度で進めて参ります。学んだことを日常の中で実践し、感じ、その感覚をもって次のエクササイズを学べる、心地良いリズムを意識して構成しております。 『ガット・ライフ』とは 社会的な地位や会社における評価やキャリア、組織における役割責任、金銭的な自由の獲得など、外的価値を獲得することで自己実現しようと自己鍛錬し、高みを目指してきたけれど、どこか満たされない、腹の辺りに何か空虚感を覚える・・・といった感覚を味わったことはありませんか? 人間、特に日本人は、昔から、肚(ハラ)から根源的なメッセージを受け取り、判断し、行動し、人生を歩んできました。 しかし、西洋からの論理的思考や科学的な客観的視点という「近代的自我」を取り入れる中で、頭脳思考中心となり、エネルギーが身体の上方に偏り、元来日本人にとって大切であったミゾオチから下の身体知が忘れ去られつつあります。それは、自己が本当に望んでいる思いを掴むこと、つまり直感的な判断軸が揺らいでしまっているとも言えます。 そこで今回は、元ドラマーであり心理療法家で、豪雪地帯にて日本の伝統的な農的暮らしを歩みながら、肚(ハラ)とつながって生きる重要性を伝えている贄川治樹氏から、その叡智を伝授いただきます。 どっしりと腰を据えて、肚とつながり、自分の命が望む人生を歩み始めませんか? 社会で一生懸命に頑張られている皆さんに、特にご参加いただきたい内容です。ぜひご参加ください! ダイジェスト映像:   【本講座の特徴】 国連NGO 世界心理療法協議会の公認心理療法家で、心理療法家として経営者からアーティストまで様々な心理療法の臨床の専門家として活躍され、心理療法の専門家として知られる贄川先生は、海外の先生から学ぶ期間が長かったため、ある時から、日本人のアイデンティティを模索し始めました。現在は、新潟県の豪雪地帯に住み、農的暮らしの実践の中から、大地と繋がり、肚を据えて生活されています。かつてはプロドラマーとして活躍されていた経験から、リズムを通じて肚とつながることを深く身体で知覚されています。そんな贄川先生の講座では、頭で得る知識のみでなく、身体を使って感じる、つながる、学ぶことを通じて、身体に眠っている洞察を見出すことができるようになります。 【講師プロフィール】 農民•心理療法家 贄川治樹(にえかわ・はるき)/ Haruki Niyekawa 国連NGO The World Council for Psychotherapy(世界心理療法協議会)正会員・公認心理療法家、ヨーロッパ身体心理療法協会(EABP)正会員、BIOSYNTHESIS 公認身体心理療法家、EABP認定校 BIPS(BIO Integral Psychotherapy School)ディレクター、越後奥寂庵庵主、リズムセラピー研究所代表、セロトニンDojo師範   贄川治樹氏からのメッセージ 【日本人のアイデンティティ】 昔の日本人は、「汝は何処に居るか?」と尋ねられたなら、「肚(はら)」を指したものです。肚は生命の源であり、自己の中心であり、在り方と深い関わりがある場所であり、野性を呼び覚ます場所であり、力強さの源泉であり、自我の思考を超えた直感や洞察を生み出す場所と言えるのです。 特に、現在のような先の見えない困難な時代を生き抜くためには、自己一致した状態、「本物」になる必要があります。自分自身で在ることです。社会的な地位、役職などの自我レベルのアイデンティティーだけではなく、実存レベルでの自己の在り方が問われるようになるので、そのためには、外界からの刺激を遮断し、腰を据え、肚を据え、肚に意識を向けるのです。肚と繋がることができれば、心の故郷に還ってきた感覚が訪れることでしょう。そして、自分の奥底で何を望んでいるか、何を大切に感じているかが、肚の奥底から湧き上がってくることでしょう。 頭での考えは、現実原則に則ります。その時々の状況に対して何が相応しいかを考えるのは、自我の役割です。それも現実に適応していくためには必要不可欠ですが、肚の奥底から湧き上がってくる、自分の命、魂が震撼するような力強さをともなった直感や洞察がなければ、ブレやすく、根無し草になりやすいのです。 自分の命、自分の人生を歩むためには、どっしり腰を据えて、肚とつながる必要があります。 現代社会では、多くの情報を見聞きし、流れも速く、日々、やることに追われています。それに対応するために、頭をフル回転させています。このセミナー期間中は、頭を少し休めて、肚に意識を向けてみませんか? 【背景】 私たちは、明治維新以降、西洋に追いつき追い越せと、富国強兵、文明開化という形で西洋文明を必死に取り入れてきました。そのなかで、論理的思考や科学的な客観的視点という「近代的自我」をも取り入れてきたのです。「お国のため」、「家のため」という封建的な社会が崩壊し、おかげで私たちは、個人としての自由と可能性を手に入れることができました。個人が尊重され、平等に扱われ、自分の意志に従って自由に生きることができる権利が、憲法によって守られている現代社会は、歴史を振り返ってみるとなんと恵まれていることでしょう。「近代的自我」そのものは、意識に光を当てていく人間の進化にとって必要なものでした。 しかしながら、「近代的自我」をあまりにも早急に取り入れようとした結果、元来、日本人にとって大切なものまでをも、「科学的でない」ということで、徐々に排除してきたように思うのです。その大切なものが全て失われた訳ではなく、現代に生きる私たちの中にも脈々と流れていることも、人々の立ち居振る舞いを観ていて感じますが、それと同時に、多くの人が根無し草になっているようにも見えます。 前近代的な時代に戻ろうと言っているのではありません。日本人にとっての大切なものに意識を向け、取り戻していくことにより、初めて、日本人としての在り方と、西洋からの「近代的自我」を統合することができると思うのです。 ※補足:贄川先生は心理療法家ですが、オンラインセミナーでは心理療法を行う訳ではなく、潜在的な力や叡智に焦点を当て、ポジティブな方向にガイドされます。腹部に意識を向けることによって、抑圧された未完了の感情や記憶が浮上する可能性もあります。必要なことは自ずと起きてきますから、それは良いことです。肚と繋がる過程において大切なことであり、自己成長に向かう一歩になります。 なお、本セミナーはカウンセリングではありません。必要であれば別枠で個人セッションのご提供もされています。カウンセリングやセラピー、心療内科などにかかられている方は、参加を検討する際に主治医やカウンセラーにご相談ください。

ヴィム・ホフ・メソッド集中講座

【角氷150個のアイスバスにダイブ!?】 これが、世界のアスリートとセレブが実践するプチ超人になる健康法、ヴィムホフメソッドだ!!   「寒さに抵抗しなければ、毛細血管も開いて、血液の循環がよくなり、心臓が強くなるんだ。脳により酸素が行き渡って、思考も広がる。『運命の扉』を開くのは自分自身なんだ」 「北極圏でショートパンツ一丁にサンダルでフルマラソン」 「氷漬けになって1時間半、座り続ける」 「氷山が浮かぶアイスランドの湖で泳ぐ」 これらは、すべて還暦間近の男がやり遂げたことです。 彼の名は、ヴィム・ホフ。 世界中の人々に「ICEMAN(アイスマン)」として知られています。 呼吸法を用いたヴィムホフメソッドのトレーニングを行うことで誰もが再現可能だと言います。 実践者たちは、血行改善、心臓の強化、髪の密度を高める、肌の張りが増す、気分の高揚、免疫力アップ、自信がついた、 血圧が下がった、痩せた、……など様々な効果を口にしているとのこと。 ヴィム・ホフ・メソッドを実践した難病患者を含む登山未経験の一般人たちがなんとショートパンツ一丁で6000メートル級のキリマンジャロを登頂したことからもこのメソッドの再現性の高さがわかります。 ホフは、「ヴィムホフメソッドを体得すれば自律神経系や免疫系を改善したり、風邪にかかりにくいなど、健康的な心身をつくることも可能だ。」といいます。 最近、サウナーたちの間で言われる「ととのう」感覚。心身ともにリラックスし、多幸感に包まれているのに覚醒しているような状態になります。 そして、何よりも体得できるのは「内面の強さ」です。ヴィム・ホフ・メソッドは、呼吸法と精神コントロールで厳しい環境に打ち勝つためのもの、と言います。 さらにウィムホフメソッドのトレーニング後は、アフターパーティー。強烈な体験をし心を開いた仲間たちとの親交を深める素晴らしい機会になります。欧米ではアイスバス体験仲間のことを”ホッファー”といい、新しい文化が生まれています。 経営者、クリエイター、サウナー”ととのいたい”ひとに超絶オススメ!!これからはサウナー&ヴィムホフがブームになる!? ▼ウィムホフ伝説 2007年、オランダ人のヴィム・ホフ(58)は、エベレスト初登頂に挑んだ。だが、コートやゴーグルどころか、酸素ボンベの装備もなし。彼が身につけていたのは、パンツとサンダルだけだった。 26の世界記録を持っており、ギネスブックには、彼の「氷風呂の最長耐久記録(約2時間)」が記されている。 BBCのドキュメンタリーで、ホフは氷風呂耐久を科学的研究の一環として再現。ほとんどの人は15分で気を失い、1時間で死亡してしまう。だがホフは2時間近く涼しい顔で持ちこたえた。その間、彼の深部体温は安定したままだったと言います。常人離れした記録の数々はヨーロッパ全土、中国、ロシア、カナダ、日本のテレビ局を通して放映され、世界中の注目を集めました。 「私にとって寒さは神だ。私は寒さに耐えるのではなく、寒さを愛しているのだ。」  

LIFE

究極の”ととのう”体験-Ultimate “TOTONOU” Experience-CBD/Sauna/Floating/EsalenMassag

疲れたあなたに、究極のリラクゼーションを届けたい。 ヒューマンポテンシャルラボが、満を辞して、究極の”ととのう”体験を弊社拠点である鎌倉山にあるラボにて限定14名様にご提供いたします。 普段は、石垣島で活躍されているボディーワーカーのお二人をお招きし、「マッサージの瞑想」(Moving Meditation)とも言われる、エサレンマッサージを行います。それだけでも、十分究極のリラクゼーション体験になりますが、今回は、リラックス効果の高いCBDオイルを事前に摂取、サウナに入って自律神経をととのえ、フローティングタンクで、心身とも完全に脱力した状態でマッサージの施術に入るため、圧倒的に深い体験があなたをまっています。 さて、あなたの身体は、どんな次元までたどり着けるでしょうか!? ヒューマンポテンシャルムーブメント(人間性回復運動)の聖地エサレン研究所へのオマージュとして、日本から世界へ新たなムーブメントを手掛けるヒューマンポテンシャルラボから究極の体験をお届けします。 ※なお、当ラボは、神奈川県の感染対処方針を遵守して運営しております。6LDKの邸宅内にて1度に2名のみ(サウナ貸切り、個室はそれぞれ1Fと2Fの別室)限定で開放感ある空間を贅沢に活用いただく形となります。

UPCOMING PROGRAM

インテグラル・ライフ・プラクティス 〜ティール型自己成長メソッドの決定版!〜

VUCA時代にコロナが重なり、ますます複雑化する社会やビジネスに適応するために必要なスキル。 それは、ティール的な自己成長をする力。 溢れかえる情報に惑わされるのではなく、実践を通して体験的に成長していける力です。     Human Potential Labは、予測のできないVUCA時代における「ティール型自己成長の実践講座」を11月16日より5回にわたりご提供します。 この講座は、アメリカの思想家であるケン・ウィルバーが開発した、人間の治癒と成長を効果的に実現するための統合的な方法論である、インテグラル・ライフ・プラクティス(以下、ILP)のメソッドを元に展開していきます。 ティールとは、「達成型組織」と対比で語られる新たな組織経営手法であり、2014年にフレデリック・ラルー氏によって提示されて以来、世界的な影響を与え続けている、歴史上重要な組織におけるパラダイムシフトですが、この「ティール」を最大限に活用し、本当の意味において理想的な組織運営をしているまでに、我々側の器が十分に整ってないように見受けられます。(参考:ティール組織) ティールでは、生態系に倣い、より良い組織づくりの地図を提示していますが、この理想形に近づこうと無闇に適用してもうまくはいかないでしょう。なぜなら、既存の企業組織システムには、歴史や社会の全体性に合わせて築かれたユニークな市場や事業形態が伴っており、それを無理にティールメソッドに合わせて変えることで、事業崩壊や機能不全に陥っているケースが増えています。 ティールの地図に魅せられて、現実が歪んでしまっている状態に陥らず、しっかりと地に足をつけてどのように独自の歩みを進められるのか? 組織論を語るだけでなく、そこに生きる人たちが、自己の内面を掘り下げて課題を見極める。それらを組織に還元していく、という両方向からのアプローチが必要となります。   「組織の成長は、個人の成長なしには始まらない。」 組織の改善に取り組むと同時に、もう一つの、個人のケアという柱に向き合うことは、実は近道になり得るのです。ILPは、組織に有益な貢献をするために、個人のケアをするガイドの役割を果たします。   「上に行こうとするなら、下に戻りなさい。」 ティール組織に学び、短期的な即効性を求めると、焦って成長しようという錯覚の罠に陥ります。 「発達というのは高層ビルを建てるようなもの」 基礎工事をして、良い建築素材を使いながら、ゆっくりと積み上げていくことが大切です。基盤がゆるいとビル自体が崩壊してしまいます。また、高さばかりに注目すると、倒れやすい脆いビルになってしまうので、ある程度の面積を取る必要があります。 「発達は、ゆっくりである。」 基礎工事をやり直し、準備を整え、期が熟したときに成長させる。焦ってやっても上には行けないという自然の摂理を理解することが大切です。 この講義では、戻ることの大切さと、裾野を広げる(body, mind, spirit, shadowという複数の領域に挑むことで、面積を広げてバランス感を持って上に向かうことができます)の大切さを実感していただきます。   治癒の大切さ ILPの目的は、人間の治癒と成長を促すことです。 その「治癒」の指し示すところについて見ていきましょう。 ティール組織やILPのスパイラル構造をベースに見ると、我々現代人のほとんどは、合理化を目指すオレンジ段階です。しかし今、個人や組織が、グリーンやターコイズなどの高慣習的な方向へ向かっています。 しかし、その歩みを始めていこうとするときに求められるのは、癒しです。私たち現代人は、アンバーやオレンジといった世界観において、一定の”正”に近づくために調教されて生きてきました。自分がその中で、本当は傷ついてきたことを自覚し、癒すことができないと、次に行く準備ができないということです。 成長を語る前に、もしくは成長と同時並行で、どのように自分を癒し、壊れているところに光を当てるか、調教された体や心をどうほぐしていくか、が大切な取り組みになります。声なき声に市民権を与えて、自分自身の存在と仲良しになることが必要。それが自分の癒しになる。「大丈夫です。」と言う人に限って、自分を鎧で固めて、聞こえなくなっている可能性があります。本当は繊細な部分に再び感受性を与えてあげる。そういったケアすることが、成長に向かう前の準備運動として必須です。つまり、今までの痛みも受け入れながら、死と再生を繰り返すことが、より大きなより大きな責任と自由を満喫する道に繋がります。   VUCA時代に生きる私たちにとっての航海図 昨今の企業の経営会議では、顧客への貢献以外に、コミュニティ、社会、自然を視野に入れながらの議論が企業の経営会議で真摯に行われています。 ユーザーやクライアントだけでなく、その人たちを取り巻く、家族や同僚、クライアントが生きているコミュニティなど考慮しなければならないステイクホルダーは増えているのです。 そういった意識を持っていながら、起業家として実務者としてものを考える時代が来ています。 当然ながら、日々の仕事や生活を営むときに我々が考慮しなければならない世界の広さや複雑性は高まっています。これらを理解しているビジネスパーソンは、本を読めばこの複雑性に対処できるわけではないことも肌感覚でわかっているはずです。 内的な成長を置き去りにして進むことは難しいのです。 今の世界の中で自分が所属する組織、コミュニティなどの役割を通じて複雑性を考慮しながらサービスを構築していくことが問われています。 逆に言うと、内的成長を置き去りにしながらサービスを作ることはできない時代に差し掛かっています。 本講座は、人間成長の理論に率先的に取り組んでいる人たちのみでなく、複雑性の増す社会の中で、どう取り組んでいくかを考えていく人たちにもお勧めです。  

MIND / PROGRAM