fbpx

第13回「『変容』のために欠かせない3つの『つながり』」

  • 人類の可能性へ|ウェビナー第13回 スティーヴン・マーフィ重松氏(スタンフォード大学「マインドフルネス教室」心理学博士)
  • 「『変容』のために欠かせない3つの『つながり』」
  • 日程:2020年6月5日(金)
  • 開始時刻:10:00
  • 登壇者:スティーヴン・マーフィ重松

※本セミナーは、オンラインセミナーです。全国どこでも場所を問わずにご参加いただけます。

我々⼈類の未知なる可能性を探求するウェビナー、「オープン・ウィズダム」シリーズ

本ウェビナーは、⼈⽣において⼤きな変容を果たし、未知なる可能性を追求してきた探求者達へ、その真意に迫るシリーズ。各界の第⼀⼈者の⼈⽣ストーリーを紐解き、今この時を本質的に⽣きるための洞察を⾒出します。

第十三回目のゲストは、スタンフォード大学「マインドフルネス教室」心理学博士のスティーヴン・マーフィ重松氏。「『変容』のために欠かせない3つの『つながり』」と題して、ご自身の変容の旅を通じて、自分と他とのつながりを営む「ハートフルネス」というアプローチをご教示いただきます。危機や不確実性に満ちた現代において、目的を持って生きる意味を見出し、決断していけるヒントにしていただければと思います。

本プログラムの趣旨は、ウィズ・コロナというこの未曾有のピンチを、世界を変革するチャンスに変えるべく、科学者、僧侶、医師、ジャーナリスト、編集者、ビジネスイノベイター、エンジニア、クリエイター、アーティスト、ボディーワーカー、活動家等、各界の第一人者をお招きし、彼らの探求の旅を通じて、まだ見ぬ世界への扉を開きます。

当ウェビナーは、「オープンウィズダム」の位置付けで、ゲストの皆様のご厚意により無料にて、4⽉より期間限定で実施予定です。

【第十三回ウェビナー概要】
◎タイトル:「『変容』のために欠かせない3つの『つながり』」

◎日時:6月5日(金)10:00〜11:30(対談60分、参加者からのFAQセッション30分 ※目安)

◎ゲスト:スティーヴン・マーフィ重松氏

◎内容:
若い頃に火事にあって命を失いかけた私は「喪失や死に向き合いながらも目的を持って人生を生きる意味」を人々に伝えたいという思いに駆り立てられ、それをライフワークとしてきました。そんな私の自己変容の旅の話をシェアします。 人間にとって3つの欠かせない『つながり』を理解することで、私は生の活力を見出し、日本とアイルランドの伝統文化を調和させ、古代叡智のヒーリングや学術的な心理学を統合して伝えています。 「ハートフルネス」への私のアプローチは、自分をオープンにし、ストーリーをコミュニティの中で語ることを通じてつながることです。それが私たちの毎日の生活の中の一瞬一瞬を豊かに彩ってくれます。このようなあり方は、危機や不確実性に満ちた世界でどのように意味を見出し、決断していくことができるのか戸惑っている現代の我々にとって、特に価値があります。

◎こんな方におすすめ:
人間関係で悩んでいる方
人とのつながりを感じたい方
日々、生きる上で思い悩んでいる方

◎料金:無料

◎申込:FBイベントページ

◎定員:95名(申込先着順)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スティーヴン・マーフィ重松(スティーヴン・マーフィ・シゲマツ)プロフィール:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スタンフォード大学の「ハートフルネス」というマインドフルネスにもとづく変容的教育プログラムの開発者。東西の智慧と科学を統合したプログラムを日米の組織向けにも開発している。ハーバード大学より心理学博士号を取得し、東京大学での教授職を経て、現職に至る。 重松氏のアプローチは、優しさや癒しのあるインクルーシブスペース(誰もが受け入れられる場所)のデザインを通じて、東洋と西洋の異なる文化、芸術や科学、伝統やイノベーションなどの一見対立しがちな両極を統合する。 重松氏の授業を学生の一人はこのように話します。 「このクラスで起こっていることは小さな奇跡のようです。私たちは互いの存在に感謝し、ここに居るだけでその価値を享受し合っています。」 著書に、『スタンフォード大学マインドフルネス教室』(2016)、From Mindfulness to Heartfulness: Transforming Self and Society with Compassion (2018), そして『スタンフォード式 最高のリーダーシップ 』(2019) がある。

 

【今後の予定】
※今後のウェビナー・シリーズについての情報は随時以下にてアップデートします。
HP
Facebook
HPLでは、「#人類の可能性へ」をテーマとしたコミュニティをスタートしました。
我々がまだ見ぬ可能性について、活発な議論をしましょう!

Quest for the Human Potential | 人類の未知なる可能性へ

ヒューマンポテンシャルラボは、「⼈類の未知なる可能性へ」をミッションに掲げ、最先端の科学やテクノロジーと古代からの叡智やアートを融合させた手法により、これまでの既成概念や物質⾄上主義、合理主義、科学主義など唯⼀の正解を求めるような「既知なるナラティブ(神話)」を問い直し、新たな神話の創造を目指しています。
思考(MIND)-感情(EMOTION)-身体(BODY)-精神(SPIRIT)-生活( LIFE)に働きかけ、個の内面を根本から見直し、自己変容する体験(Transformative Experience)を通じて、新しい社会の共創 (Co-create)に挑戦する組織集団です。

RECOMMEND PROGRAM

シャーマンスキル 基礎講座 〜先住民の叡智から学ぶ新時代のニューリテラシー〜

withコロナ/afterコロナ時代を向え、私たちは、生き方、働き方、人との関係性、ものの見方を根本的に見直すことを迫られています。 本講座は、古代から先住民たちに受け継がれてきた普遍的なメタスキルを、心理学、カウンセリング、科学的なバックグランドを元に再構築し、「シャーマンスキル」として新時代を生きる私たちの意識と現実のバージョンアップを実現するための理論と実践方法を伝授いたします。 シャーマンスキルとは? 古代からの叡智を受け継ぐシャーマンとは、コミュニティにおいて人の成長や変容を手助けする人のことです。そしてシャーマンは、ロジックや言語など、思考の限界というものをよく知っていていました。 言語で伝わることは、本質の7%しか示しておらず、私たちは残りの93%を扱うことをほとんど意識していませんが、人の根本的な成長や変容をもたらすのは、非言語の領域を含む「感情」「感覚」「身体知」にあります。 AI時代、これまでのビジネスや日常で重視されて来た、論理的思考や未来予測などは、圧倒的に人間を凌駕するAIに置き換わります。 これからの時代で大切なのは、まさに人間にしかできない、言語では現せられない、言葉になる以前の人の内面、感情、感覚、身体知性に気づき、それを扱うスキルになります。 デザイン思考、アート思考の次は、シャーマン思考へ。 シャーマンスキルは、新時代におけるニュースタンダードの一つなると考えています。

EMOTION / PROGRAM

NVC×Tech「コネクション・プラクティス for Biz」 基礎コース

「コネクション・プラクティス」とは、 ①心理学の分野から多くの人々を救い続けている革命的な対話の手法『NVC(ノン・ヴァイオレント・コミュニケーション)』による共感的なコミュニケーションのエッセンス ②心臓の潜在力を科学的に研究・発表しているアメリカ政府公認の研究機関「ハートマス研究所」が開発した『クイックコヒーランステクニック』(呼吸と意識の誘導で、脳と心臓の振動リズムをすばやく同期させるテクニック)   これらのパワフルな2つのスキルを一体化させた相乗効果で、感性・直観力・洞察力などを司る右脳や、知性・理性・社会性などを司る左脳とともに、あらゆる臓器の“総合プロデューサー”とも言える「心臓」のチカラを目覚めさせ、各人の生まれ持ったポテンシャルを開花させてゆく、日本ではまだ知る人の少ないスキルです。   共感と洞察を組み合わせたパワフルな相乗効果は、5歳児から90歳を超える方々にまで確かな効果をもたらしており、プラクティスを重ねるほどに、ネガティヴな思考サイクルに陥ることなく本来の自分の望みに沿った言動が導き出されるようになるため、体験者から数多くの驚くべき変化の報告が寄せられています。   ※体験談の詳細は、 『完全につながる』(コネプラ創始者・リタマリージョンソン著) 『地球とハートでつながる』(日本にコネプラを伝えた夫妻・きくちゆみ&森田玄著)』をご参照ください。  

EMOTION / PROGRAM