fbpx

第8回「感情との新しい関わり方 −ありのままに見守ることの可能性」

  • 人類の可能性へ|ウェビナー第8回 藤野正寛氏(京都大学オープンイノベーション機構特定助教)
  • 「感情との新しい関わり方 −ありのままに見守ることの可能性」
  • 日程:2020年5月18日(月)
  • 開始時刻:20:00
  • 登壇者:藤野正寛

※本セミナーは、オンラインセミナーです。全国どこでも場所を問わずにご参加いただけます。

我々⼈類の未知なる可能性を探求するウェビナー、「オープン・ウィズダム」シリーズ

本ウェビナーは、⼈⽣において⼤きな変容を果たし、未知なる可能性を追求してきた探求者達へ、その真意に迫るシリーズ。各界の第⼀⼈者の⼈⽣ストーリーを紐解き、今この時を本質的に⽣きるための洞察を⾒出します。

第8回目のゲストは、京都大学オープンイノベーション機構特定助教の藤野正寛氏。「感情との新しい関わり方 −ありのままに見守ることの可能性」と題し、激動する現在にあっても、穏やかな心を保ちながら、バランスのとれた暮らしをするための「瞑想」について自身の体験や瞑想研究の観点からご教示いただきます。

本プログラムの趣旨は、ウィズ・コロナというこの未曾有のピンチを、世界を変革するチャンスに変えるべく、科学者、僧侶、医師、ジャーナリスト、編集者、ビジネスイノベイター、エンジニア、クリエイター、アーティスト、ボディーワーカー、活動家等、各界の第一人者をお招きし、彼らの探求の旅を通じて、まだ見ぬ世界への扉を開きます。

当ウェビナーは、「オープンウィズダム」の位置付けで、ゲストの皆様のご厚意により無料にて、4⽉より期間限定で実施予定です。

【第八回ウェビナー概要】
◎タイトル:「感情との新しい関わり方 −ありのままに見守ることの可能性」

◎日時:5月18日(月)20:00〜21:30(対談60分、参加者からのFAQセッション30分 ※目安)

◎ゲスト:藤野正寛氏(京都大学オープンイノベーション機構特定助教)

◎内容:

「私たちは、いつも様々な出来事や経験に巻き込まれながら生きています。そして、巻き込まれれば巻き込まれるほど、身体とこころには緊張が広がっていきます。日々をやわらかく丁寧に生きていくためには、どうすればいいのでしょうか。そのことを、マインドフルネス瞑想やコンパッション瞑想の観点から考えてみたいと思います。」と話す藤野氏。自分の中に日々生じてくる感情との関わり方を見直すきっかけとしてお役立てください。

◎こんな方におすすめ:
・コロナ時代にあって、心の安定を取り戻されたい方
・瞑想に興味はあるが、より詳しく知りたい方
・瞑想を実践しているが、さらに知識を深めたい方

◎料金:無料

◎申込:FBイベントページ

◎定員:95名(申込先着順)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
藤野正寛(ふじの・まさひろ)プロフィール:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
京都大学オープンイノベーション機構特定助教。 大学卒業後、医療機器メーカー勤務時代に、10日間の瞑想リトリートに参加。瞑想が身心を健康にすることを体験的に理解し、「働いている場合ではない」と退社。現在は、瞑想の実践者かつ研究者として、瞑想実践を通じてでてきた問いをもとに、認知心理学的手法やMRIなどを用いて、瞑想研究を進めている。

【今後の予定】
※今後のウェビナー・シリーズについての情報は随時以下にてアップデートします。
HP
Facebook
HPLでは、「#人類の可能性へ」をテーマとしたコミュニティをスタートしました。
我々がまだ見ぬ可能性について、活発な議論をしましょう!

Quest for the Human Potential | 人類の未知なる可能性へ

ヒューマンポテンシャルラボは、「⼈類の未知なる可能性へ」をミッションに掲げ、最先端の科学やテクノロジーと古代からの叡智やアートを融合させた手法により、これまでの既成概念や物質⾄上主義、合理主義、科学主義など唯⼀の正解を求めるような「既知なるナラティブ(神話)」を問い直し、新たな神話の創造を目指しています。
思考(MIND)-感情(EMOTION)-身体(BODY)-精神(SPIRIT)-生活( LIFE)に働きかけ、個の内面を根本から見直し、自己変容する体験(Transformative Experience)を通じて、新しい社会の共創 (Co-create)に挑戦する組織集団です。