fbpx

アホ・ネス 〜世界に今こそ求められる、自分を笑飛ばせる「ヘヨカ」の不思議な力〜

OVERVIEW

先が読めず、正解が見えない時代に、
今こそ求められる、「アホ・ネス」。
それは、古代から堂々巡りの社会を打破するための要として重視されてきた「ヘヨカ」のもつ不思議な力。
常識や固定観念を吹き飛ばし、自分自身の新たな可能性をきりひらきたい人におすすめです。

RECOMMEND PROGRAM

スウェットロッジリトリート

スウェットロッジ。直訳すれば「汗をかく小屋」、今流行のサウナですが、単なるサウナではありません。スウェットロッジは、1000年以上前から続いてきた伝統的なセレモニーであり、ネイティブアメリカンにとって個人の成長やコミュニティの結束に欠かせない最も重要なセレモニーの一つでした。   通常のサウナよりもはるかに熱いスウェットロッジの中に3から5時間こもり、内省を深め、自身の課題や願いを抽出し、身心のデトックスする究極の変容体験。   日常的な思考の限界を超える想定外のインスピレーションや気づきを得ることができます。ビジョンやミッションを得るための装置、本来の自分を取り戻すための装置、究極の感情デトックス装置。10日間の瞑想体験と同等レベルの深い体験をわずか、1泊2日で体験できるとても効果的なプログラムになっています。   また、スウェットロッジに入るまでに、どのようにして思考の限界を超える自己変容が得られるのかを座学で学び、感情や身体感覚を研ぎ澄ませるための様々なワークを行った上で、スウェットロッジに入っていきます。   思考の限界や自分自身の内的成長の限界を感じている方、新たな意識、リーダーシップ、イノベーション、感情知性、身体知性を体験的に学びたい方にとって、これ以上の体験はありません。    これまでも、企業経営者、新規事業担当、人材・組織開発担当者、コーチ、カウンセラー、セラピスト、様々な領域の専門家のインスピレーションやスキルアップ、自己の成長を支援してきました。   今、変わりたいと願うなら、それがスウェットロッジに入るタイミングです。   スウェットロッジとは? 「スウェットロッジ・セレモニー」は、アメリカインディアン(ラコタ族)に伝わる7つの儀式の一つで、ラコタの言葉で「イニィピー」と呼ばれ、それは子宮回帰を意味します。 母なる大地の子宮をシンボライズした半円球のドームの中に、私たちは四つん這いになって入っていき、囲炉裏を囲むように座ります。真っ赤に焼けた石をドームの中に運び込み、水を注ぎ、蒸気が舞い上がる中、扉が閉まるとそこは大いなる存在と自分の世界。 泣き、歌い、声をおくり、スピリットに祈り、自分のオモイを眺めて、エネルギーやプロセスを感じて、あるがままの自分のオモイを音にして、自分と語り合い、大いなる存在に祈りをおくります。 感謝すること・願うこと・尋ねたいこと・コミットメント(宣言)・・・ 受けとめあい、つながり合い、全てのものとの関係に「変化と成長」をもたらす「死と再生」のセレモニーです。  

SPIRIT / PROGRAM